うたまくら

ブルース・リーを投げ飛ばした男、勝村 淳。

淡路

乗る漢。

BlogPaint
  座頭市、バイクに乗ることもある。

傘寿!

BlogPaint
  告知はしませんでしたが・・・ 今夜は、バースデーパーティー♪

IMG_2585
  東京、奈良、神戸、岐阜、大阪。各地から有志のファンが御来店。
  波平ヘアで和彫り。謎の格闘家も、ノリノリで唄って下さいました(笑)

IMG_2571
  お弁当と、軽食を用意。

IMG_2570
  食べたり、呑んだり、唄ったり、トークしたり。

BlogPaint
  楽しい時間にマスター、勝村淳も大笑いでした。

IMG_2623
  本日のメインイベント!

IMG_2630
  ろうそくの「鼻息消し」に、非難轟々!(笑)

IMG_2631
  真面目に?ろうそくを吹き消しました。
  遠方より、御来店下さった皆様、本当にありがとうございます。

  80歳を迎えた勝村淳。皆様あっての勝村淳、うたまくらです。
  これからも、まだまだ元気に頑張ります! 

悪名無敵

  以前、取材を受けたスペインのブルース・リーの同人誌。
  マックファーレン・ブレットさんと奥様が、
  遠方より、うたまくらに御来店下さいました。

IMG_2263
  まずは、乾杯!

IMG_2258
  軽食をご用意。

IMG_2261
  全員で、呑んで、食べて、楽しいトークタイム。

IMG_2265
  マックファーレン・ブレットさんが持って来て下さったのは・・・

IMG_2267
  「悪名無敵」のポスター。懐かしそうに拝見する、勝村淳。

BlogPaint
  一緒に記念撮影。

IMG_2283
  サインにも気軽に応じます。
  うたまくら店内に飾った写真の中に、マスター勝村淳と
  ブルース・リーが一緒に写った写真があります。

BlogPaint
  今回、持って来て下さった写真は、その写真の別バージョン。
  勝村淳もブルース・リーも笑ってます。貴重な写真です。
  「また送ります」と言って下さったので・・・
  届き次第、うたまくら店内に張り出しますね。お楽しみに☆
  
  マックファーレン・ブレットさんと奥様。
  遠方よりうたまくらに御来店頂き、ありがとうございました!
  あっと言う間に過ぎた楽しい時間でした。
  またお逢い出来る日を心よりお待ちしております。  

貴重な写真!

BlogPaint
  先日、フリーで御活躍されてる俳優の山下大輔さん
  うたまくらに、御来店されました。

DSC03998
  なんと!山下さん。子役時代にマスター勝村淳と共演!

DSC03995
  1983年10月20日の日付です。なんて貴重な写真!

DSC03994
  巡業先にあった松江城にて撮った写真だそうです。
  当時からひょうきん者だったマスター、勝村淳は・・・
  山下さんの服をめくって、お腹を出したそうです(笑)

DSC04006
  日本巡業公演最終日、海老名市文化会館の舞台控室にて。
  山下さんが、勝村淳の頬をつねっているのは、この写真を撮る時、
  「頬をつねるように」と、勝村淳が言ってきたからだそう(笑)
  この場の楽しい空気が伝わってきて、笑い声が聴こえてくるような
  最高の2ショット写真ですね。

DSC04138
  舞台「新座頭市物語・糸ぐるま」の舞台台本。

DSC04011
  日本巡業公演のスケジュール表。

DSC04124
  舞台パンフレット写真。

BlogPaint
  若いし、ふさふさ!(笑)

DSC04016
  こちらは1984年3月。新歌舞伎座での舞台台本。

DSC04131
  舞台パンフレットです。
  この二つの公演で、勝村淳は、役者兼殺陣師だったそうです。

BlogPaint
  子役の山下さんと、勝村淳が遊んでいた時のエピソード。 
  「返事する時は"うん"って言うんじゃないぞ。"えん"って言うんだ」
  と言って、その日は終日、なぜか返事は「えん」と言うように
  言われたりしたそう(笑) ← なんで「えん」やねん!(笑)

BlogPaint
  当時の貴重なサインです。「こんどあう時」がついに叶いました!

  33年前のサインや写真を大切に持って御来店下さった山下さん。
  お逢いできて、本当に嬉しそうなマスター勝村淳でした。
  この素敵な御縁に、心より感謝いたします。

人生はオムニバス映画のように

IMG_1359
  チラッ。

IMG_1360
  チラリ。

IMG_1361
  今夜もやっぱり、カメラを向けると・・・ サービス精神旺盛。

BlogPaint
  お知らせです! 勝村淳のエピソードが書かれたエッセイ。

IMG_1363
  「人生はオムニバス映画のように」

  マスター、勝村淳のエピソードが、綴られています。
  2ページのみですが、興味深い内容です。

  過去に、演劇の台本、映画製作で企画・脚本・監督・美術・編集
  などを手掛けた著者。 日本映画テレビ技術協会会員(評議員)・
  日本アカデミー賞協会会員などを歴任されていた著者の、
  映画ファン必読の、映画にまつわるオムニバスエッセイ。
   今回、限定20冊のみ、入手しました! ¥864(税込)です。

  実は、ここでお知らせするのをすっかり・・・
  忘れてまして・・・(ごめんなさい)
  もうすでに残り数冊で終了な事態になってしまってます(笑)
  ご希望の方は、御来店の際に、お気軽にお声掛け下さい。

ギャラリー
  • 満員御礼
  • 満員御礼
  • 真剣な眼差し
  • 真昼間から・・・
  • 幻の焼酎
  • 様子が・・・?
  • 様子が・・・?
  • 乗る漢。
  • 傘寿!
最新コメント